みんなで大家さんを利用して不動産投資をはじめよう

マンション経営の強い味方

マンション

不動産投資の一環としてマンション経営を行なう上で、空室対策は避けることのできない課題の1つになるでしょう。ですが、最近この空室問題に有効な対策法として言われているのに家賃保証契約があります。マンション経営をしていく中でこの家賃保証契約について、仕組みや得られるメリットはどんなものがあるのか確認してみましょう。

上にもある通りに、マンション経営で最も避けなければいけない問題は、せっかくマンションを購入して賃貸として提供しているのに部屋の借り手が全くいない状況でしょう。借り手がいないと土地購入費やローン、維持管理費ばかり出費していき家賃収入を得ることが出来ずに赤字になってしまうことです。そのような事態にならないために家賃保証契約を活用すると非常に便利でしょう。通常であれば、入居者がいない空室からは1円も収入を得ることが出来ませんよね。しかしながら、家賃保証契約を結んでいれば、契約内容によって違いがありますが、空室であっても家賃の約8割程度を保証会社が保証して、支払ってくれます。この制度を行なっていると、空室のリスクはなくなるでしょう。これはマンション経営をしている人にとって、空室の数に関係なく一定の家賃収入を得ることが出来るメリットがあります。マンション経営では多額の初期投資と長期のローン返済が伴ってしまう業務でもありますため、未経験の人が始める機会もあまりありませんでした。ですが、この家賃保証契約が始まったことでマンション経営のリスクを減らしてくれたので、以前よりかは手軽に行なうことが出来ますよ。家賃保証契約を活用しながら、マンション経営を行なってみましょう。